2016年07月04日

自律神経を整えるヨガ〜肩こり、腰痛、ストレスの解放〜+美


三重県松阪市、津市ヨガ教室
ヨガ、アーユルヴェーダ
指導者養成講座(ヨガインストラクター養成講座)、WS
アーユルヴェーダ認定講座、お寺ヨガ座禅会
インド哲学





昨年に引き続き、自治労松阪市職員組合様にヨガ指導させてただきました。

参加者の皆さんは、松阪市内の幼稚園、保育園の先生方

腰痛、肩こりや慢性的な疲れ、ストレスが多いとのことで、それらを身体的に解消できるヨガと
自律神経を整えるヨガを行いました。


20160704105318630.jpg
◆ストレス(肩こり、腰痛も含め)取り除くコツ◆
自分のクセに気付く、体、心、生活習慣と潜在意識
《性格(クセ)の三原則》
・呼吸(使う言葉、呼吸の仕方)・心(心の使い方、意識、イメージ)・行動(姿勢)
これらは三位一体ですから、一つ良くすると、全体も良くなる

◆呼吸のコツ◆
呼吸は自律神経を掌り、内臓や神経など自分の生命維持を支える源です
また心の状態で呼吸は変わることを覚えておきましょう
(呼吸で自分が一瞬で変わる、ペアで実験)
《呼吸の三原則》
強く吐く・長く吐く・深く吐く
良い呼吸は血液をきれいにし、内臓や体の組織がきれいになります。自律神経が整いますから、呼吸も深くなり、内側からの美しさも引き出されます。美とは内側からもたらされるものであり、ヨガでは健康=美と教えています。
良い呼吸、健康美の最大で最良のものは「笑い」です

良い言葉は人を良くする・・・・ありがとう、あいうえお、アオン、あー、いー
「あーー」「いーー」は血液をきれいにし(アルカリ性に保つ)体の組織がきれいになります
呼吸法で使ってみましょう!

実技
◆肩こり修正ヨガ◆肋骨、肩甲骨の修正
肋骨の歪みの原因は呼吸のアンバランスと内臓の異常です。修正しながら肩甲骨を緩めていきましょう
また足の運動不足も原因にあげられます。
(修正)
・うつ伏せL字上半身から体を捻る(やりにくい方を多く行う)
・猫のポーズから腕ねじり(四つん這いで歩き回るとグッド!)
(強化バランスポーズ)
・胸付き猫のポーズ

◆腰痛修正ヨガ◆
体の内側を緩めて腰痛を軽減、腰痛のかたは肝臓に負担がかかっている可能性があるので、肋骨下の肝臓ほぐし、解毒
・仰向けで肝臓を抑えるポーズ
・土踏まずトントン、ふくらはぎ、アキレス腱緩め

(強化バランスポーズ)
・腕組み腰揚げポーズ  ※仙骨を意識する


(おまけ ヒップアップポーズ)
・前後開脚、つま先あげ

◆自律神経を整えてストレスを取り除く呼吸法瞑想◆
・アオン呼吸法・リラクゼーション(自律訓練法)

◆応用◆
・子供と一緒に歌いましょう〜あああ〜〜〜わはははは〜
・だるまさんが転んだヨガ
子供が大声で叫んでいるのは、自分で血液をきれいにしているのかもしれませんね!
普段子供と触れ合う先生方は肉体は疲れていても心が健康なのか、血液をきれいにする呼吸法で紹介した
「ああああ〜〜」の呼吸法を笑いながらどんどんされていました!
とても心が柔軟で、優しく、暖かく、私も心地良い時間でした。

最後に、私たち母親は先生方のおかげで、今このようにして仕事をさせていただけます。
ありがとうございました。 合掌


三重県 ヨガ指導師 小倉杉絵




  • 20160704104746700.jpg
posted by KUAN YIN YOGA at 09:54| 三重 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 出張(クラス・セミナー・WS) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック