2019年09月09日

上昇するエネルギー・観じる力・今シーズン最後の奥伊勢ヨガの聖地滝ツアー

0032_xlarge.jpg



0239_xlarge.jpg


奥伊勢ヨガの聖地ツアー・この滝へ行き、瞑想、カメラマンによる写真撮影があります。
写真は後日、データでお渡し。プロフィール写真やアイコンにも使える美しい写真、思い出に浸るだけで、また癒し体験が蘇ります。

滝・龍・水・流れ


目に見えているのは、上から下への流れ


その裏側には

目に見えないエネルギーが下から上に流れています




「目に見える存在の裏には、目に見えない存在がある」(:アーユルヴェーダの教え)


陰陽の世界



東洋には陰陽という思想があります



上下、左右、前後、男女、太陽と月、遠心性と求心性などエネルギーの働き



滝に関しては陰陽のエネルギーで言うと



目に見えてる水のエネルギーは上から下へ流れていますが、滝のすぐ下や裏側へ行くと、


上昇する氣の流れが存在します(感じれます)


滝の下へ行くと、上から流れる水の音や水量も迫力があってすごいのですが、感覚を研ぎ澄まして氣を感じることに集中すると


明らかに、下から上に上がるエネルギーが感じられます。


その証拠に髪の毛がブワ〜〜〜〜!!!っと逆立ち、しっかり立っていないと足元を救われ、巻き上げられそうになります。

初めて行った時は滝の迫力に圧倒されていただけかと思いましたが、改めて陰陽の氣の流れに着目すると、明らかにそれは、上昇の氣の流れだと気がつきました


その場には、上から下に流れ落ちるど迫力の滝、水流と同じパワーのエネルギーが反対側にも流れているのです

0323_xlarge.jpg

『鯉の滝登り』『海へ行った魚が川を登る魚の群』『龍伝説』


滝に纏わる故事や諺も


エネルギーの流れを知ると、納得がいく


『氣が上がる』

『上昇するエネルギー』

『自分の氣が上がると相手も氣が上がる』

『自分がいるだけで、周りが癒される』

『人間関係が円滑になる』

『仕事がうまくいく』

『家庭環境が良くなる』

『免疫力が上昇する』

『癒し浄化力が高まる』

『なんかわからないけど、上手くいく』


このツアーではぜひ、滝の下まで行き、上昇気流に自分を乗せ


これからの人生どんどん上昇させてください



上昇させ、拡大させ、また本質に戻っていく



滝を眺めながの瞑想

0018_xlarge.jpg



この奥伊勢ヨガの聖地ツアーで一番みなさんにご紹介したいことは


『観じること』


自然の中で何をしますか?

スマホを出して一生懸命写真を撮る?
時間を気にする?
ヨガが上手にできるか心配する?
初めての人とのコミュニケーションに戸惑う?
水に濡れることを心配する?
今使わない、着替え、手荷物を握りしめてどこへいくの?



それらは全て、置いていけます!


0324_xlarge.jpg



●今回のツアーは、本当にスマホは置いて行っていただきます。
(足元が不安定な滝周辺での自分での撮影は危険なため、と電波が届かない!)
●他の人や自分の過去と、比べるためのヨガは行いません。上手にできるかな?(何かと比べてると、緊張するよ)
●写真は、プロが撮るので安心して💓いくら最新のスマホでもプロの腕と機材には負けます。大自然の迫力はスマホに全くおさまりません
 素敵な写真データがもらえるので、安心して楽しんで!
●初めての人と場所。。。そんなことど忘れします。どちらかといえば、コミュニケーションのお相手は自分と自然界
●持ち物に、濡れます。と書いてあります。全員濡れます。温泉もあるし、着替えもできます。パンツ持ってきてください!(ヒール、ビーサン禁止)



これらは、現地に来たらいつのまにか、クリアしています。



前回の参加者の声から

*自分の殻が一皮向けた!!!!(何枚でも剥けてください)
*滝までの道のりが、ナメていた!予想以上にひどかった険しく、水の中を歩くとは!!!(だから💓言ったよね
*一人では怖くてムリ!な場所も、みんながいたからいつの間にか行けてた!(みんなって、初めてあった人ね💓)
*いつのまにか子供に帰ったように、思いっきり水の中で遊んでた!
*自分が自分を制限していたことが、わかった!
*私が求めていた感覚はコレ!
*心配していたことなんて、どうでも良かった!




すごく多かった感想が


『一皮向けた』(:こちらも予想していなかったけど!)


何かわからないけど、自分を超えていくような体験


ここで大切なのは


『観じる』(:奥深く洞察する)


この世界は、意識したものが存在します


大自然も、心地よい水辺やパワースポットと呼ばれる素敵な場所、映えな場所


そこで、本当に観ていますか?観じていますか?


楽しいだけでいいですか?




見ているようで、観ていない

感じてるようで、観じていない

その場にいるようで、いない

行きてるように見えて、今を生きていない

木を見て森を見ず



もっと今を観じて生きましょう


もっともっと、奥深く広く観て観ましょう


その場を、深く味わいましょう


今しかない瞬間を、自分を味わい尽くしましょう



それは日々を自分らしく生きる、瞑想的な生き方


ヨガの時間は、ゆっくり今を観じる

0207_xlarge.jpg
大自然の中での自分の感覚に大いに身をゆだねてください


ただただ、最高な気分(そんな感覚もないぐらい一体となる)

0102_xlarge.jpg


(気持ちいいい〜〜〜〜も思わないぐらい、最高)

0007_xlarge.jpg

Instagram #ヨガの聖地 #MIEYOGADAY など検索頂くと参加者の写真が見れます。
アカウント 3yanの奥伊勢ヨガ8/24からの写真も公開中


最後はこんな感じ ※みんな初対面です😃
0351_xlarge.jpg


フレンチシェフのヨガの聖地限定特別ランチ
(地元野菜、彩、川の恩恵のアマゴも)
0352_xlarge.jpg

記念撮影、昔からの友達みたいになります
0373_xlarge.jpg

奥伊勢ヨガの聖地申し込み



公式LINE始めました!

最新情報を受け取りたい方は、ご登録ください

YOGA SCHOOL Kuan Yin

公式LINEアカウント

@237pghnt

<a href="http://nav.cx/iMSsxM3"><img height="36" border="0" src="https://scdn.line-apps.com/n/line_add_friends/btn/ja.png"></a>


http://nav.cx/iMSsxM3


このURLをタップまたはクリックすると、YOGA SCHOOL Kuan Yinを友だち追加できます。

URLをコピーして、SNSやメールなどでシェアしましょう。


公式facebookページ

KUAN YIN YOGA FB


Instagramはプライベート使用

アカウント3yan


全ての詳細はこちら

http://sugieyoga.seesaa.net/article/469539623.html

大台町観光協会


http://web-odai.info/information/information-3544.html


Webサイトただいま準備中・・・


最新情報

アーユルヴェーダに惹かれる貴方、インドに行かなくても三重で深く学べます。

アーユルヴェーダで秋は目のトラブルが多い 〜 Ayurveda 目のケアワークショップ開催


大自然の中でヨガ満喫!滝に打たれて瞑想!

ヨガインストラクター交流会、プロフィール写真、参加中はプロのカメラマンが同行します。

ヨガの聖地奥伊勢 8/24満席 9/16(月祝)追加募集


ヨガの聖地奥伊勢申し込み詳細

https://ameblo.jp/yushokobo/entry-12490821550.html?frm_id=v.jpameblo&device_id=f09c6f6f61dd4ba89cedfc070e11cc78



呼吸法や瞑想を学びたいあなたには、

呼吸であなたの人生は変わる!

* 呼吸一つで全てが変わる * WS開催


岡寺山継松寺ヨガ座禅会2.0

9/30(月)開催 10時ー12時

今回は大師堂(空海のお部屋)曼荼羅の前での瞑想です




普通のクラスは毎週木曜日10:00~11:30(松阪市伊勢寺町体験あります)

参加申し込み

@名前 A住所 B電話番号 Cメールアドレス D参加する講座、イベント内容、日付を明記

sugi.ennoie@gmail.comまでお送りください

自分以外に参加者のある方、お友達などもお名前や人数の

明記をお願いいたします。


会場への詳しい案内は

申し込みのあった方へ直接連絡します

。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。

YOGA SCHOOL Kuan Yin

視力向上ヨガ協会三重支部

国際ヨガデー三重 代表  小倉 杉絵

松阪市伊勢寺町2078

TEL/FAX:0598-67-5717

e-mail:sugi.ennoie@gmail.com WEB:kuan-yin.jp

.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:


posted by KUAN YIN YOGA at 16:11| 三重 ☔| Comment(0) | イベント案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: