2016年09月10日

〜帰り子どもを抱っこする手、表情が柔らかくなっていたように感じました〜託児・ママヨガ〜子育て支援センターふれんず


子育て中のお母さんを対象とした
松阪市子育て支援センター「ふれんず」
「視力向上ヨガ」

今回は、支援センターさんの、心使いでお子様を託児していただき、お母さんたちだけのヨガの時間を作っていただきました!

まずは、みんなの素敵な笑顔を見てください!


DSC02452.JPG

少子化、核家族などの問題が進み、ストレス社会の中、日中、一人で子育てをしているお母さんたちに、このような時間がプレゼントされることを、嬉しく思います。



昨年から、託児をし、お母さんだけのヨガを要望される市町村、団体からのヨガ指導の依頼が増えています。
また、私自身も、指導させていただき、自分も子育てをしている経験から、この世代のお母さんたちにヨガや瞑想の必要があることを、目の当たりにしています。



少しの間、自分と向き合う時間を持つことで、新たな力が湧き、自ら変わることが家族の調和につながること、息ひとつ、呼吸ひとつが命に関わること、命と健康があってこそ、人生があることに気づいていきます。。。



妊娠出産を経験し、自分と家族の命に真剣に向き合う彼女たちだからこそ伝わる



「命のヨガ」


以下、お母さんたちからの感想です


お母さん方からの声は
「よかった」、「すっきりした」、「視野が明るくなった」・「家でもできる簡単なヨガを、教えてもらったので続けていきたいです」、「またしてほしい、今度はシェイプアップヨガをしてほしいな」等々いろんな感想を言っていかれました。本当に満足されて満面の笑みで帰られました。帰り子どもを抱っこする手、表情が柔らかくなっていたように感じました。先生のヨガのお陰だと思います。ありがとうございました。ぜひまたの時もよろしくお願い致します。

  子育て支援センターふれんず  



ヨガの出張クラスは随時おこなっていますので、お気軽にお問い合わせください

自分と家族の健康を守る
アーユルヴェーダ講座

om shanti namase

クアンインヨガスクール
0598-67-5717



posted by KUAN YIN YOGA at 08:45| 三重 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月07日

自然分娩

三重県松阪市伊勢寺町
KUAN YIN YOGA SCHOOL



逆子が治ったママ、5月4日 13:00 無事に女の子を自然分娩にて出産いたしましたぴかぴか(新しい)


おめでとうYさんかわいい


KUAN YIN YOGA SCHOOLではマタニティーヨガに通われたママに「産後ヨガチケット」のプレゼントをしています。最低3回クラスに通った方へのギフト黒ハートぜひご利用くださいぴかぴか(新しい)


次回マタニティーヨガは5/11(月)10:00〜11:30


4月には参加者2人中、2人ともが逆子になりましたが、ヨガ修正法とママの努力で2人とも「スッ」っと逆子が治りました。
マタニティーヨガは赤ちゃんの生命の働きにママが協力していくヨガ。妊娠安定期に入り医師と家族の許可があれば参加できます。また産後1ヶ月からはママのくつろぎヨーガに赤ちゃんを連れてご参加ください。


om shanti namasute
posted by KUAN YIN YOGA at 23:53| 三重 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月04日

ママのおなかをえらんできたよ

ママのおなかをえらんできたよ


2015-02-04 11.19.14.jpg      



妊娠中に産婦人科の母親学級で助産師さんが紹介してくれた1冊の本



生まれてくる赤ちゃんに「胎内記憶」つまりお腹の中で過ごした記憶がある、ということを初めて知りました



とても興味を惹かれ、帰り道に書店に寄り、胎内記憶関連の本を探し、涙を流しながら読んだことを今でも覚えています。




子供には、お腹の中にいた時の記憶から、お腹の中に来る前の記憶、誕生の瞬間の記憶、兄弟との関係性、また生まれてこられなかった赤ちゃんのメッセージなど胸を打つメッセージ



どの記憶やメッセージのも込められているものは一つ



「ママをえらんできた」ってこと



それを知った瞬間にとても幸せな気持ちと同時に私自身も母を選び、この世に生まれてきたことを知りました



このことを知ることで、自分自身の存在や母親との関係性、生きる喜び、生かされていること!全てが感謝に溢れ満たされました。以来、どんなことがおきようとも、今ここに生かされていることで十分だ!全てが足りている!と心の底から、思えるようになりました。

そして、私を選んでくれた子供の存在をこの上なく愛おしく感じ、同時に、この大切な子供にさえ命の始まりと終わりがあることを知り、自分自身にも誕生と死が必ずあることを知りました。



とても大切で愛おしい命にも、誕生があれば死が必ずある




死を意識した瞬間に「どう死ぬか」=「どう生きるか」がスタートしました




自身の死生観までにも影響を与えた「胎内記憶」




書籍も幾つか販売され、中でも「池川明」先生の著書はオススメです




興味がある方は書店で探してみてください




またこの池川先生が関わる映画「かみさまとのやくそく」が今月、松阪市内で開催されます




午前の部はお子様と一緒に見ることが可能です、私も4歳の息子と参加します




そして息子ははっきりと私にこう言いました




「お母さんのために生まれてきたんやで!」




全てのお子様が記憶を語るわけではありませんが、子供との関わり、自分自身の人生との関わりのきっかけとなるのではないでしょうか。





最後にこの本を最初に紹介してくださった、河合産婦人科の助産師さん、お名前はわかりませんが大変感謝しています。できることなら、直接お礼をお伝えしたいです。あなたの一言が私の死生観にまでつながり、息子との絆、母との絆、私の生きる意味の再確認をさせてくれました。そして産後このような体験をシェアしたいと思いながらもできなかったことが、この映画上映会の実行委員に加えさせていただくチャンスに恵まれ、夢が実現しました。この映画は上映後、感想をシェアする座談会も設けられています。またこの映画に関わることで、マタニティーヨガをスタートさせることに背中を押して頂きました。



ありがとうございました


チケット前売りはKUAN YIN YOGA SCHOOLでも受け付けています


映画上映会


2015.2月11日(水、祝)


映画座談会

2015.2月14日(土)13:30〜15:30





om shanti shanti shanti













  • 20150204130633402.jpg
posted by KUAN YIN YOGA at 13:04| 三重 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする